人間工学のキーボードで肩こり、腱鞘炎から解放!


仕事、インターネット、ゲーム。
パソコンのやり過ぎで「手首が痛い」「肩が凝っている」なんて方いらっしゃいませんか?

それは不自然で窮屈な動作をしているから。
よくパソコンを使われる方は人間工学のキーボードを使ってみましょう!!

普通のキーボードは肩こり、腱鞘炎のもと

普通のキーボードを打っているときに、自分がどんな姿勢になっているか意識したことはありますか?

幅の狭く、整然と並んでいるキーに対して手を置くと、
ほとんどの方が首から肩にかけての筋肉が、軽くギュっとなっていると思います。
この状態が長く続けば、筋肉は緊張し、肩が凝ってしまいます。

また手首も人によっては常に少し浮かしていたり、
手首を机について手の平を浮かせていたり、
どちらも手首に強い負担がかかっていますので、
手首に痛みが出たりしてやがては腱鞘炎になる可能性があります。


人間工学のキーボード?

聞いたことも見たこともないという方もいらっしゃるかもしれません。

人間工学のキーボードは「エルゴノミクスキーボード」とも呼ばれており、
長時間の入力が楽になるように、人間の動作に合わせて設計、デザインされたキーボードです。

手首や腕に対して負担が少なくなるように工夫して設計されており、
さらには無駄な動きが減るため、作業効率もアップします。


キーボードは脇を開いて打つ!

学校の”前へならえ”のように窮屈にキーボードを打っていては肩が凝ってしまっても当然です。

試しに脇を開いてキーを打ってみてください。
普通のキーボードだと打ちにくいとは思いますが、肩や首がだいぶ楽になったと思います。

人間工学のキーボードはあえてこの姿勢になるように作られています。
また手首もふんわりした感じで手を置けるように作られているものが多いため、
手首への違和感や痛みも軽減されます。


もう普通のキーボードには戻れない

普段見慣れているキーボードからするとかなり、人間工学のキーボードはかなり変わった形です。
形が異なり、場合によってはキー配置も違うため慣れるのには時間がかかりますが、
日常的に使うものであれば、慣れるのに耐える価値は大いにあります。

人間工学のキーボードを使っている方の多くは、
「一度使えるようになったら、もう普通のキーボードには戻れない」
といった感想を持っているようです。

長時間のパソコン作業で毎日辛い思いをされている方はぜひ、
人間工学のキーボードで今のストレスから解放されましょう!!


同一カテゴリーの記事一覧

金縛りにあうのは疲れている証拠 ふと目が覚めると、体がまったく動かせない・・・。 最近はあまり聞きません、一昔前は心霊現象がよく話題になっていました。 「金縛り」と言えばその代名詞の一つです。 ですが金縛りにあ...
牛乳でおなかゴロゴロをココアで解消! 牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしてしまう。 そんな方に朗報です! ココアと一緒に飲めばお腹を壊しにくくなります。 なぜ牛乳でお腹が壊すのか? 牛乳には「乳糖」という糖...
座りっぱなしはどれだけ運動しても意味がない 長時間イスに座りっぱなしは体に悪い。 だけど休日は運動しているから大丈夫。 と思われる方は要注意です。 実は長時間座り続ける限り、どれだけ運動しても健康リスクは下がりません。 ...
風邪予防の基本は「顔を触らない」 いくら手を洗っても、ドアノブなど何かに触ってしまえばウィルスがふたたび付着する可能性があります。 その手で鼻や口を触ってしまうことにより、ウィルスが体内に入り感染してしまうのです。 ...
おしっこを我慢すると失神する 近くにトイレがない。 トイレに行きたいけど席を外せない。 そんな状況になり、おしっこを我慢した後で おしっこをすると失神するかもしれないので要注意です。 我慢すると血圧...